スポンサードリンク

2009年06月09日

デリケートゾーンのかゆみには

高温多湿の季節がやってきました。
体のさまざまな部分のかゆみで、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
かゆみの原因は、皮膚のバリア機能が崩れている場合(アトピー性皮膚炎など)や、カビや細菌が繁殖(水虫など)することによっても引き起こされます。
なかでも女性の場合、なかなか他の人に相談できないのがデリケートゾーンのかゆみではないでしょうか。
最近では、いろいろな薬も販売されているようです。
蒸れやかぶれが起きやすいこれからの季節は、股のつけ根やお尻、デリケートゾーンなどのかゆみに悩まされることもあります。
そんなときの、自分でできるかゆみ対策を紹介します。
まずは、ハーブティーを使います。
ハーブの中でもカモミールには、発汗、解熱、湿疹や皮膚炎を鎮める効果があります。
カモミールティーをお尻が入るくらいの洗面器に半分くらい入れて、患部を5分浸します。
次はデリケートゾーンだけでなく、痔による肛門のかゆみ痛みも鎮めます。
お風呂場などで行うと良いでしょう。
良く洗ったキュウリを皮ごとすりおろします。
すりおろしたものを、ガーゼなどに適量取り患部に5分直接パックします。
あとは、きれいに洗い流してください。
どちらも、刺激を感じたら、水かぬるま湯でよく洗い流すようにしてください。
いつもは捨ててしまうスイカの皮を使う方法もあります。
スイカの皮一玉分を電子レンジでしんなりさせ、2日から3日完全に水気がなくなるまで天日干しします。
鍋に600mlの水と乾燥したスイカの皮を入れて煎じます。
あとは、お風呂に入るときに煎じた汁とスイカの皮を入れます。



スポンサードリンク

posted by 知っ得情報局 at 11:49 | 健康

2007年01月15日

下駄箱の臭いを消すには

下駄箱を開けたとき、ムレたいやな臭いがしませんか。

消臭剤を入れたり、を置いたり、いろいろ臭いを消す方法もあります。

手軽にするには、トイレペーパーを使う方法もあります。

香りが付いたトイレペーパーを1巻、下駄箱の中に入れて下さい。

トイレットペーパーが、湿気と臭いを一緒に取ってくれますよ。


スポンサードリンク

posted by 知っ得情報局 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2007年01月14日

揚げ油をきれいにするには

フライやてんぷらをするとき、そのつど新しい油を使いますか?

何回か同じ油を使用する方もいますよね。

でも何度も油を使っていると、ドロドロになります。

そんな時、梅干を二つ、油の中に入れてきつね色になるまで揚げてください。

こうすると元のような、サラサラな油になりますよ。


スポンサードリンク

posted by 知っ得情報局 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。